2015年8月20日

広州→インドネシア~シンガポール旅行(ユニバーサルスタジオ)

シンガポールには魔物がいる。

そう実感したのは1時間のタクシー待ちで疲れた身体でセブンイレブンに立ち寄ったときのこと。水を買おうとカバンから財布を出した瞬間、一緒にiPhoneも転げ落ち、そのまま地面にガツン。

いつもなら気持ち傷がつく程度のはずなのに、この日は打ち所が悪く画面が粉々。機能自体に不具合はないものの、フリックするたびにガラスの破片が指に刺さる刺さる。シンガポール初夜にして一気に萎えました。

ホテルは良かったんですよ。オーチャード通りに面したOrchard Hotel。部屋は狭いけど五星で、清潔感たっぷりだし、いい匂いするし、シャワーの水圧も抜群。朝ごはんも美味しかったです(長男分の料金21SGDしっかり取られましたが)。輸入スーパー直結、周囲にレストラン・コンビニが多い、トイザラスも近い、で買い物の利便性も最高でした。リゾートもいいけど、利便性が良いシティホテルは不安ゼロですね。

とはいえ、iPhone破損のショックから、オーチャード通りの記録写真が何もないという。

翌日はユニバーサルスタジオシンガポール(USS)へ。

子供2人がマダガスカル・ペンギンズにやたらハマってて、チケ代が7000円超えと高いけど奮発。何でもかんでも、シンガポールは物価高いですね、やっぱ。

天気は快晴!

入場列から中国語が飛び交ってくるのが気になりますが、国民7割が中国系らしいので、こればかりは郷に従え、なんとなく中国語も聞き取れてる自分が嬉しいやら悲しいやら。

まあ、大陸の様なマナーが悪い人は少ないので、それだけが救い。

ユニバーサルスタジオはかれこれ十数年前に、嫁さんとUSJに行った振り。当時は大雨で、記録媒体も写るんですレベルだったので、記録も思い出もほぼ残ってないですがね。

一方のUSSはUSJと比べて半分以下、ずいぶんコンパクトに作られてます。空いてれば数時間で全て回れてしまえるようです。

まずはお目当てのマダガスカルゾーン。あれ?長男怖がってる?何でこの手のライドって、一旦恐怖を味合わせてからハッピーエンド、っていうのが定番なんでしょう。そういえば昔、俺もTDLも白雪姫とか乗れなかった。

段々、日も高くなって気温も人も上昇。事前のWeb情報だと平日のUSSは空いてる、と期待してましたが、この日は何故か異常な混雑。ジュラシックパークが170分待ち、期待のトランスフォーマーも60分待ち。うひゃーっ。とりあえず、15分待ちと空いてたシュレック城へ。

やたら前置きが長く、始まるまでに待たされる4D体感型劇場型のライド。あまりの待ち時間の長さにお漏らしをしてしまった欧米系の子がいたり、かわいそう。ライド自身は意外なほど迫力あって楽しい。座席がかなり勢いよく動き、水や風などの体感物もよくできてます。よくできすぎてて怖かったのか、ビビりの長男はずっと目を瞑ってました。

劇場から出てみると、大雨の後。ベビーカーがびっしょり。この瞬間は幸いでしたが、段々と嫌な予感。とりま、ジュラシックゾーンで昼食、途端のまた一雨。雨の後処理やらなんやらかんやらバタバタで、ジュラシックの写真、一枚も撮ってないことに後で気づく。。。

そんな状態の中、ウォーターワールドやジュラシックパークは無理と判断。早々にトランスフォーマーゾーンに移動。写真を撮ったり、グッズを見たりするものの、60分待ちのライドに乗る気も起こらず、雨上がりで蒸し暑くなってきたこともあり、一度USSを出て、水族館のアクアリウムSEAに行くことを決断しました。

この決断は大当たり。気力も体力も切れかけていた家族全員が癒され空間ですっかり回復。こちらはさほど混雑もなかったこともあり、最初から最後までゆっくり見られました。

雰囲気は大阪海遊館や沖縄美ら海水族館に似ている大規模水族館。
南国に近いこともあり、熱帯魚系の水槽が多かったです。

ちなみに、チケットは事前にWebでUSSとのセットチケットを買っておきました。若干お得。

たっぷり休憩した身体で、涼しくなってきたUSSに戻り、長男の強い要望で60分待って宝探しのライドに乗りました。これがメッチャ子供だまし的につまらなく、最後にがっかりしましたが、まあ、乗らずに後悔よりは乗って後悔の方がいいだろうと、自分で自分を慰めます。

チケ代7000円以上払って、結局乗れたライドは4つ。消化不良のまま、ショーも花火もなく、まだ明るい空の19時閉園という殿様商売なUSSを後にするのでした。退園後、またもやタクシー待ちの大行列の洗礼を浴びて・・・

0 件のコメント :

コメントを投稿