2015年3月22日

広州東駅→香港旅行

はい、今度は10ヶ月前にタイムトラベル。家族が来る前、男2人で旅した記録。

広州東駅から香港 ホンハム駅までのノンストップ直通電車です。所要時間約2時間。直通なのでホントに楽。

この時はまだ円がそれなりに高かったから、片道2500円以下。今となっては3000円です。約1時間で香港イミグレの有る深センに入り、そこから電車のスピードが一気に落ちて1時間で香港。


雨季の香港もこの日は快晴。ビクトリアハーバーもクリアです。その分、気温が酷い。35度超えで少し歩くだけで体力が切れる。


ホテルにチェックインし、1日目は九龍エリアをぶらぶら。重慶マンション周辺で「偽物あるよ~、ハッパあるよ~」とやたら集中砲火を浴びる。そんなに食いつくように見えますか、この柄悪男子2人。

家族旅行の予行練習と自らを律して、香港名物のオープンバスにも乗っちゃいます。男2人でも楽しいよ、寂しくないよ。


ナイトクルージングも。男2人でも寂しくないって。。。


香港名物100万ドルの夜景。確かにスゴイけど、ずっと見てると飽きてしまいます。人間の適応力の凄さと欲の深さを感じます。


2日目はホンハムのイオンで食料買い出し。

広州に比べて格段に日本食が安いので、テンション上がり、嫁に国際電話してしまう。

要否を考えずスーツケースの限界まで買い足し。

家で小麦粉の賞味期限がギリギリだったことに気付いてショック。

地元のおばあちゃんたちと相席で朝飲茶。おばあちゃんなのに英語ペラペラで完全に敗北感を感じた。


その後はフェリー、トラムを乗り継いで香港島。

とにかく暑さのとの闘い。ブランド店に興味もなく、ひたすらトラムに乗って風を感じる。
きもちいー!
トラムから見る街並みは人酔いしそうなほどの人の多さ。

九龍はそうでもなかったのに、香港島の一部は酷い。そごうの前、何これ?

トラム降りる気が起きません。
そして、あらゆる日陰にたむろするフィリピン系らしき女性たちの姿。

後ほど知ったのは、全員住み込みのお手伝いさんで、土日は家主に追い出されるからこうやって時間を潰しているのだとか。高級ブランド店もなんのその。ブルガリの雰囲気もぶち壊しです。

帰りにホンハム駅で偶然同期に会ったりして、お菓子を補充して帰宅。帰りの電車の中はクーラーがガンガンで、終始凍えながら丸くなってました。

これだけ近いならまた来たい。と思いつつ、10ヶ月経ちました。

0 件のコメント :

コメントを投稿