2014年4月30日

G/W一時帰国 広州白雲国際空港のラウンジでまったり


まだ広州へ赴任した記録すら書いてないのに、いきなり一時帰国の話。

もともとゴールデンウィークに帰国する予定は立ててませんでしたが、息子Aの参観日があったり、いろいろ思うところがあって、思い切って帰国することにしました。


赴任するときの初日は、荷物が多かったり、緊張と不安でまったく空港を見る余裕はなかったですが、今回はちょっと早めに出てきたおかげで、のんびりと広州白雲国際空港を堪能しています。


一時帰国は自腹を切ってるのでもちろんエコノミーですが、会社契約の関係で往路だけラウンジが使えます。朝一なので人も少なく、かなりまったりできます。料理もアルコールも無料なので、朝からワインでも飲みながら、登場までの時間を過ごしたいと思います。


※ 空港のWi-Fiには上手く繋がらないので、iPhoneのテザリングで繋いでいます。

2014年4月27日

出向前 会社最終日

インフルエンザに倒れ、ちゃんとした会社の最終日のままならず、本来休暇をとる予定の日に、午前はヨメさんのビザ用健診で都内へ、その後に会社に3時間ほど顔を出して片付け、その後は新居に戻っての固定資産税調査と、出国までには1日にスケジュールを詰め込む日々が続きました。

ただ、そんな忙しさの中でも、会社に顔を出せて本当に良かった。持つべきものは苦楽を共にした仲間、ですね。みんなオレ以上に別れを惜しんでくれ、挨拶してるだけで時間を忘れてしまいました。

そんな気持ちだけでもうれしいのに、いろいろと素晴らしいものまでいただいてしまって、会社の帰りのバスで泣きそうになりましたよ、マジで。

これからもずっといい仲間でいてくださいね。


長男 卒園式、無事に終わったと思ったら・・・


出国までにまだまだイベントが続いていました。引っ越し後は息子Aを、前のマンションの幼稚園バス乗り場まで送り、その後に出社。幼稚園の迎えはヨメさんが電車に乗ってくる、という、なかなか大変な一週間。

中でも最大だったのが、長男の卒園式&謝恩会。ヨメさんは謝恩会の委員をしていたがため、家造り&引っ越し&出国準備、もちろん息子Bの子守り(この前日まで39度発熱)もあっての五重苦で、この時期、オレ以上に相当の疲労をためていたと思います。

主役の息子Aも、かなりの大人びた顔になったと感じたのは気のせいではないでしょう。親二人の一連のバタバタを見ていたがためか、卒園とともに一気に成長を感じました。きちんと目録の役目も果たしました。

本来、謝恩会はスルーする予定だったオレも、何かやらないとまずいという気にさせられ、カメラマンになってみました。さすがにここには載せられませんが、みんないい笑顔の思い出深い写真が何枚も残せたと思います。

夕飯は何処かに食べに行くつもりだったものの、ヨメさんと息子Aの疲労でキャンセル。そして、そのままヨメさんが発熱。その翌日には、息子Aとオレが発熱。恐れていたことですが、インフルエンザ陽性反応が出ました。

おかげで、会社の最終日を安むことになり、出国まで前途多難な幕開けです。そう、まだまだこの不運は続くのです。

いずれにせよ、これで息子Aも小学生。入学式を見られないのはめちゃくちゃ悔しいですが、ここまで何事もなく成長してくれたことに、周囲の協力に、感謝です。

軽スポーツが盛り上がってきた

カプチーノが壊れた時のことなんて考えたくないけど、工業製品はいつかは必ず壊れるもの。そんなことが起こったとき、次の車を何にしようか、漠然と考えることがあります。

2012年頃まではCopenくらいしか選択肢がなくて、まったくそんなことを考えたくなかったんですが、去年くらいからダイハツがNEWコペン、ホンダがS660を2014年中に発売をほのめかしていることで、ちょっと心が揺らぎます。

ダイハツ NEW COPEN

基本的にはCOPENのコンセプトを踏襲して、スタイリングを角ばらせてきてますね。ミニ86のよう。インテリアも高級感あるし、ハスラーのような遊び心もあるし、車としての魅力度は高いんですが、いかんせんFFであるがゆえのサイドビューシルエットが好きじゃない。

軽をとりあえずオープンにしました感が、ね。でも、きっと人気出るでしょう。

ホンダ S660


タイヤサイズはともかく。このまま発売したら、スタイリングはほぼ完璧。軽にしたらかっこよすぎです。

MRかFRか、あとは屋根が幌じゃないことを願わんばかり。

スズキ陣営は・・・

スズキの会長が「Kスポーツは貧乏人の車だ!スズキはもう作らない!」と吐き捨ててるのが、カプチーノを産んだ会社かと思うと残念で仕方ありませんが、そんな裏で、実はケータハムにエンジンを供給し始めてるんですね。

軽規格のセブン、めちゃくちゃワクワクしてしまいます。絶対に運転する楽しみを感じられるでしょう。まさにときめきの車、お金さえあれば間違いなくケータハムS160選びますね。


2014年4月21日

引っ越し1日目


今日は国内引っ越しの話。

引っ越しは、中国出向の内訳として、幸いなことに会社負担。日通が梱包から全てやってくれるプランでした。荷物が多かったこともあり、1日目は梱包、2日目は運び出し→新居へ移動、という流れ。


大物からどんどん梱包が進みます。


しかし、自分で梱包しない分、細かなものがどこに行ったか分からなくなることも。事実、ヨメさんのパソコンのマウスが未だに見つけられてません。


ヨメさん&息子Bは新居の竣工写真撮影に立ち会うために一時抜け、息子Aは幼稚園+サッカー練習、ということもあり、基本的にはすべてオレが引っ越し対応。1人で2LDKの部屋すべてをコントロールしなければいけないので、多少骨が折れました。オレの部屋に至っては、いつの間にかすべての荷物がトラックに運び込まれ、気付いたらすっからかん。


午後には布団とテレビだけを残して、家中のモノがトラックに運び込まれました。この日の夜は、すっからかんになったマンションで世話になった家に最後のお別れをいいつつ、4人、川の字で眠りました。


2014年4月14日

カプチーノの引っ越しと照明点灯式

これはもう一ヶ月前の出来事・・・新居への引っ越しの話。

実は、引っ越しは2日間にかけて行われました。まずは引っ越し初日、カプチだけ、先発隊として引っ越しです。この昼間、前のマンションではひたすら荷造りが行われ、その合間を縫って、ヨメさんは竣工写真の立ち会いに行きました。

一連の荷造りと写真撮影が終わった夕方、息子Aと二人で、カプチを初めて駐車場に入れます。

が!ここでなんと、入り口のスロープに固めた車体とサスペンションがストロークせずに斜面に追随できず、バックではどうやっても登れない。片側の車輪が空転するのみ、いきなりスロープにタイヤのゴム跡をつけてしまいました。

そんなトラブルに遭遇してると、あたりは次第に暗くなり始め、これも初めて。夜間の照明点灯式。

照明本を研究したおかげもあって、格安のモーガルソケットの電球が映える映える。特にウッドデッキ照明は最高に気持ちいいかも。

こんな家に翌日から暮らせるのかと思うとウキウキしすぎて時間経つのを忘れ、息子Aに「早く帰ろうよー」と急かされました。カプチと1日の別れを告げ、電車で最後のマンションへの帰路に。

明日はいよいよ本引っ越し。








2014年4月7日

航空便でギター発送完了

全くリアルタイムでないですね。広州はネット環境が悪く、しかもいろんな日本のサイトが政府に規制されてるから、ブログ更新も一苦労です。それでも、徐々に生活が落ち着いてきたので、出国前の出来事から、徐々に更新していこうと思います。

赴任・出国前に一週間休みをもらいました。会社の出社最終日に家族全員がインフルエンザに倒れてたなんてオチはさておき、その赴任前休暇中、最初のイベントが航空便の発送です。

ほとんどの荷物は船便で送ってしまったのと、すぐ使う服や靴は飛行機の携行手荷物で行くつもりだったので、ダンボール一箱以外は、大物のギターの発送です。Flagment Blueとタカミネのアコギの2本。

日通の担当様には「とにかく高いギターだから!」と、以前から口酸っぱく伝えていたので、船便でも国内便でも、もちろん今回の航空便でも、作業者にはしっかりと伝わってました。

ギター一本にものすごい量の緩衝材を使ってもらい、ギターの体積に対してダンボールが馬鹿でかい。おかげで航空便で送れる容量をほぼ使いきってしまったけど、これなら無事に届くかな?