2014年2月19日

船便用に乾麺を買いだめする


一体全体、どれくらいの量を引っ越し便で送っていいのか、そもそも現地でどれくらいの量が必要なのか、いまいち分かりませんが、とりあえずガツっと買いだめしました。

そば・うどん・そうめんを買うにしては、金額が「とりあえず」のレベルを超えてる気がしますが、まあ、何かあれば日本で家族が食すとか、手荷物で持って行くとか、考えればいいかと、楽観的です。

重量にしておよそ90kgあります。でも、1食400g消費するとして計算すると、225日分。思ったより破壊的な量ではない。食べ盛りの野郎2人がいることを考えると、家族の船便の時にもある程度追加が必要、と思ってたりします。

いずれにせよ、出発前に現金が枯渇しそう。特に健康診断+予防接種ですでに25万。早く会社に請求しなくては。

2014年2月15日

大雪続編 駐車場にキッズゲレンデ作りました


今回の雪は、先週の45年ぶりの大雪とやらより積もりました。しかもベチャ雪。50cmは行ったんじゃないでしょうか。1日中雪かきをしましたが、もう腰が曲がりません。

雪国と違って除雪が入るわけじゃないから、青空駐車はけっこう悲惨。


吸気グリルを救うだけでも大変でした。ひたすら掘り続けるも・・・


雪の壁に阻まれて、前に進めません。雪にバンパー跡がくっきり。

この後、ひたすら雪をかき続けるも、50cm近くの積雪が15m近く続く駐車場。さすがのスタッドレスでも何度もスタックするので、しばらくクルマは使えそうにないと判断。


もはや半分諦め、ブレイク中にかまくら作り。これはカプチーノの駐車場側。こっちもまったくクルマが走れる気配がありません。


果てには、駐車場の坂を使って、初心者ゲレンデ作り。自分の板出してポコジャンでも作りたくなります。不可抗力ですが、雪山行ってないのに、息子のボード練習、結構出来ちゃいました。

水曜にまた雪マークついてるけど、もう雪、やめて。

2014年2月14日

船便発送まであと2週間


ちゃくちゃくと準備を重ねてます。

会社からの規制は、オレの便、家族の便、合わせて、段ボールで100箱超。単純に考えると、相当に物が送れる計算になります。

しかし、今年から中国引っ越し便は規制強化とやらで、食料・液モノがほぼ全滅。

洗剤やシャンプー、油や調味料など、送りたいものが送れない状態なので、その規制の中で、送れるものをいろいろと模索中です。


中国製の胡散臭さから逃れるために、肌に触れるものは日本から持ってきた方がいいと言われてるので、1便で送れる限界まで、息子B用のオムツ半年分・おしりふき2年分、ティッシュ1年分、トイレットペーパー半年分、この辺は鉄板。

あとはIKEAやニトリで10万円近く買い集めた日用品、タオルケット&毛布、家電だと空気清浄機×2台、除湿機、ホットプレート、ロボットクリーナー、ホットカーペット、デスクトップPC、プリンタ。

食料だと、パスタ30kg、そば・うどん・そうめんなども追加予定。床に引くジョイントマットや下着も買い足さないと。なんやかんやで、結構な荷物量になりそうです。

45年ぶりの大雪再び


先週は地吹雪、今週は猛吹雪。

ほんとにココ、神奈川か?って思うほど。越後湯沢みたいになってる。ここまで雪があって、ボードで滑れないのは拷問に近い。

車のタイヤがほぼ半分以上埋もれてるってことは30cmはいってる。奥の方にアテンザ止まってんだけど、ルーフボックスまで完全に埋まってる。1回雪かいたんだけどな。明日出せるんだろうか?深夜の豪雨に期待。もう雪かき嫌。

2014年2月13日

中国語研修

まだ2日目ですが、もう、頭ん中が筋肉痛です。漢字で何となく意味が分かるというのは半分、反面、読みは全く異次元の言語なんで1日終わると疲労感が半端ないです。

しかも、明天也東京大概是大雪、キツイ。。。

造作洗面台のタイル貼り by ヨメ

先日の大雪で週末に現場に行けなかったこともあり、ヨメさんと息子Bだけで現場へ行き、タイル貼りを完了させてもらいました。

息子Bを抱えたまま片手で貼り続けたらしいですが、写真だけで見ると、想像以上にかなりイイ出来。

真っ白なのかと思ってましたが、ヨメさんらしいデザインになってました。

この辺は全面的に任せたんで言うことなしです。あとは目地入れと、棟梁らプロの目から見てどうか、でしょうかね。今週末にも作業したいから、明日からまた雪とか止めてほしい。

2014年2月10日

HP ENVY17 j100 納期遅れ分、割り引いてくれるとか

引っ越しを機に買い増しすることにしました!17.3インチ ハイスペックノート。

シンプルなやつを探してて、Mac Book Proなんかとも悩んだけど、やっぱり今あるWindows資源をリセットできないし、この糞忙しい最中にMac環境を一から整える体力はないので、Pavilion、デスクトップTouchsmartに続き、3台目のHP。

DTMや動画編集までこなすメインPCにすべく、とにかくハイスペックです。

それでもデスクトップを選ばないのは、新居のスタディスペースで茶でも飲みながら、ウッドデッキで遊ぶ子どもたちを眺めながら、カッコよくネットをしたいから。

ただし、この時期、消費税UP前のためか、めぼしいスペックのパソコンは軒並み在庫切れ。このENVY 17も例に漏れず、納期が3~4週間という、引っ越しに被りそうな微妙な時期。

そんな雰囲気をサポートの人に醸しだしてはないんだけど、Web見積もりをした翌日、「納期が遅くなる分、送料+5000を値引く」という電話が。セコいオレのことなので、思わずノセられてしまいました。

パソコンを新調するときは、いつも子どものようにワクワクしてしまいます。

ギターを船便で送るか、航空便で送るか

ブログのタイトルになってるくらいです。

もちろん、ギターは持っていきます。

が、湿気と戦う船便か、衝撃と戦う航空便か。手荷物が一番いいのは分かるものの、引っ越し便で送れない食料や洗剤類を手荷物では大量に持っていくので、ギターはちょっと邪魔者。

とはいえ、18歳&20歳でローンを組んだ相棒たち。すでに当時の価格では買えないし、買えって言われても無理(安い方でも定価48万円・・・)。希少価値の高いViolaは日本に置いていくにしても、Flagment Blueへのダメージをいかに減らすか、が目下課題。

今のところ、航空便で送る予定。ハードケース内も梱包材で埋めて、ギター自身の動く余地をなくす。ハードケースも外から梱包材で巻きつける予定。

航空便の貨物室は上空で5度くらいらしいけれど定温定湿の環境下なので、ギターへのダメージは少ないはず。逆に、船便はずっと湿気にさらされてる上、航路によってはものすごい温度変化がありそうなので。

タカミネのエレアコとセットで一足先に旅に出てもらいます。

2014年2月8日

神奈川なのに東北並みの雪質!積雪20cm超え。

「雪だ雪だ」と騒ぐときに限って、全然期待はずれに雨だったりするから、今回もそのパターンだと思ってました。ゴメンなさい、気象予報士さん。

今回の雪はヤバいですね。神奈川で地吹雪や吹き溜まりの雪を体験するのは生まれて初めて。雪質も雪だるまが作れなくくらい軽くて最高です。滑れないのが悔しい。

午前中の雪かき1ターン目。すでに15cmは積もってます。

が、2~3時間後にはまた同じ状態になってました。雪かき2ターン。
キッカー兼すべり台。

ボードを持ちだそうかと思ったけど、ワックス剥がしてないのに気付いて断念。

今シーズンは雪山行けないから、地元で家族で雪に戯れられて良かった。

Googleさんが更に雪を降らせてくれました。
近所の歩者道分離帯。20cmはあるはずですが、完全にツライチ。

まるで豪雪地帯。ひざ上です。

雪が軽いからズブズブ埋もれる。もちろん、全身ダイブは基本です。
3ターン目の雪下ろしはしたくないんだけど、どこまで積もるのやら。あと25cmとか、ニュースでは言ってるけど・・・。

明日も身動き取れないのか・・・。

造作家具製作も進んでいます

頭を悩ませて深夜まで図面を引いた各種造作家具。

久保田さんはオレたちの希望を本当に忠実に再現してくれます。もちろん、ちょっとしたコミュニケーションミスによる間違いもあるけれど、そんなのもすぐ修正してくれるから安心。

造作キッチン。

ヨメさんが提案したワゴン型収納×2個も寸法ピッタリで完璧。

この絵だけじゃどこがワゴンになってるか分からないでしょ。
キッチン背面の食器棚。

だいぶヨメさんテイスト、収納力よりも遊びなデザインが入ってます。

キッチンカウンターの丸い角Rがヨメさんはお気に入りみたい。
スタディスペース。オレ設計。

家族で勉強やパソコンをするために、カウンターの高さも1cm単位でシミュレーションを重ねました。
キャットウォーク。棟梁デザイン。

ただの板を想像してたのに、一面ヒノキの超豪華なキャットウォーク。全ての角が落とされてて、メチャクチャカッコいい。

元々、この上に吹き抜けの鉄手すりを付ける予定だったけど、あまりのキャットウォークの出来の良さに、手すりを付けるともったいない、という棟梁、奥さん、オレ、ヨメ満場一致で手すり廃止。
TVボード。オレ設計。

Simple is Best。ただし、タモ材で豪華。普通に買ったらきっと結構値が張るよ。

とにかく、全てが木に囲まれたこの家、特にこのリビング、早くこの床にゴロンとしたい。




2014年2月4日

珪藻土の壁にギターピック埋め込みました

新築計画の初期から、これがやりたくて仕方なかった。

ある意味思いつき、だけど計画は周到に。誰もやったことのないだろう、かつ、自分らしさが表現できることを、自分の趣味部屋に取り入れたかったんです。しかも、お金をかけずに。

ピックは、10代から集めてたLUNA SEAピックに加えて、FenderやらDunlopやら楽天のピック福袋で買ったものやら、いろいろ。

息子Aと一緒に貼りました。



集中しすぎて、自分の思い通りに貼れなかった息子Aを叱ったりしてしまったが、結果的には共同作業成功。

これは一生の思い出にしたい。剥がれてくれるなよ!

ちなみに、ベースの珪藻土、この部屋だけ超ラフ仕上げにしてもらいました。

棟梁や奥さん、ヨメさんにも「これでいいの?」と言われてしまうほどのラフさ。

いいんです、この部屋は。遊び部屋ですから。