2014年5月3日

子どもたちの一ヶ月の成長ぶりを見て思う

というわけで、初めての一時帰国中です。

帰国初日は息子Aの授業参観日に行きました。初めて目の当たりにするランドセルを背負う息子A、感激。そして2日目には軽井沢へ。みんなが連休を謳歌しているのを見て、居ても立っていられずの出発です。

実は、息子Aはオレの出国直後に、彼の祖母とE7系で軽井沢に行ってます。結果的に、その軌跡を辿りながら、彼に案内してもらいながら、軽井沢を堪能しました。


まずはめがね橋。雲ひとつない青空、広州ではこんな空は見られないので堪能します。


トトロが住んでそうな絵になる原生林。めちゃめちゃマイナスイオンを浴びまくります。


その後は軽井沢駅のアウトレットへ。これで完全にアテンザともお別れドライブ、家族全員、しっかりと思い出を刻みます。

昼食は息子Aに案内されて老舗のそば屋へ。息子に案内されるなんてまずない経験なので、これも堪能しました。

一ヶ月前は泣いてばかりで手をやかすことの多かった息子B、よく笑い、しゃべるようになりました。一ヶ月前では考えられない成長です。性格まで変わったかのように感じてしまいます。



そして、息子Aも成長してました。

突然、アスレチック、しかも、ハーネスを付けるほどのかなりハードなアスレチックをやりたいと言い出しました。以前では考えられなかった、絶対に泣いて嫌がったタイプのアトラクション。

自分からやりたいと言い出し、泣いて止まるのではという親の不安をよそに、楽々と大人顔負けにアスレチックをこなしていくチャレンジ精神と男らしさ、間違いなく、この一ヶ月で彼は一歩大人に近づいてます。


この連休、かなりの額の投資をしましたが、それに見合った息子たちの成長が見られて、帰って来たかいがありました。また2ヶ月弱、家族には会えませんが、次の成長を楽しみに広州でオレもがんばります。

0 件のコメント :

コメントを投稿