2014年5月18日

さらば新築3週間の我が家、広州出国日当日

出国日当日は家族が横浜駅まで送ってくれました。

食料やら洗剤やら、買い込んだ大量の荷物のほとんどは既に空港に送ってましたが、それでも入れ忘れた服や貴重品、パソコン2台、カメラなどを詰めるだけでも荷物量がすごいことに。最後の夜も家族とゆっくり過ごすことなんてできず、バタバタしたまま、当日の朝まで梱包をしてました。その重い荷物を持ってNEXの横浜駅まで向かいます。

横浜駅では、ちょっとした夫婦の思い出のハンバーグレストランで昼食。とにかく美味しいものを食べておきたいと思って、我が家にとっては奮発しました。


その後は家族と別れ、一人NEXへ。さすがにNEXの中では寂しさがこみ上げました。

とそんな思いに浸ってる間もなく、成田~広州の旅路は続きます。同じ赴任者とも合流し、広州白雲空港で事前に送った大量の荷物を受け取ります。予想はしてましたが、これが極めて難作業。

ダンボール3箱、スーツケース2個、ゴルフバッグ、パソコン2台入りのリュック、カート2台に何とか載せられたものの、コントロールは難しいし、税関に捕まって「全部X線に通せ、しかも自分で」とかいう中国式の洗礼受けるし。

空港出た途端、これまた中国式のルールなんて全くない車の喧騒、カートを押しながら何とか轢かれないようにと注意深く進みます。汗だくになりながら、なんとか迎えの車に荷物を載せ、広州のマンションへ。

マンション到着時点で時間は11時を過ぎてました。

そこから荷降ろし、マンションの説明を聞き、荷物の一部開梱、などなど、結局寝たの何時なんでしょう。訳も分からないまま、とりあえずベッドに横になりました。

到着直後のマンションの部屋はこんな感じ。広州ならだれでも知ってる日本人が多く住んでるマンションです。

ここから家族が来るまで、約4ヶ月の単身新生活のスタートです。

0 件のコメント :

コメントを投稿