2013年12月29日

ゴムの階段、杉の壁、で一気に木の家に!

冬休み初日!もちろん、さっそく現場見学です。

この日はユニットバスが取り付く、と聞いてたので、それを期待して行ったのです。が、それ以上の大物が現場に取り付いてました。

そう、1F~2Fの階段。

そして、その奥にはLDKのアクセントとなる杉の壁材。

この杉の壁、木の家の雰囲気を醸し出すのはもちろん、オレにとってはどうしても欲しかったもの。

なぜなら、ここにギターを壁掛するんです。リビングでいつでもギターが弾ける。うー、楽しみ!
しばらくすると、棟梁が踏み板に木の釘?を入れ始めました。

木の角材をカンナで丸く削って、そのまま現場合わせで入れる。

これを見ると、既成品でないことを痛感します。まさに職人技、スゴい。
かたや、コイツは現場監督気取り。

眼差しは真剣そのもの。やりたくて仕方ないんだろうな。


しかし、ギャラリーが多くて仕事がやりにくそう。棟梁の奥さんまで、バッチリ写真に収めてました。
入れ終わったあとの姿がこれ。

現場合わせなのにジャストサイズ。
息子Aは仕上げのヤスリがけ。

自分の家造りに少しでも携わった経験が残れば最高でしょう。ここは自分でやった、と。
棟梁が、気を利かせて、踏み板の幅を普通よりも大きめに、勾配もゆるめに作ってくれました。

回り階段も登り降りしやすくて、使いやすさ、最高です。

何より、ずっと家の中に階段があることが夢だったんで、オレもテンションが上がりっぱなし。
そんな階段だから、座ってみても座り心地が格別。

一段目から格子で部屋と区切る予定でしたが、ソファー代わりにも使えそうってことで、下の数段はオープンな階段スペースとして格子をつけることをやめました。

階段に座ってテレビを見てもいいし、窓から車を見てもいいし。
裏から。

久保田さん自宅仕様と同じ。
と、変わり際、息子Bが爪でガリっと。

まー、木に傷がつくのはやむを得ないから、いいけどね。ちょっと悲しいわ。

0 件のコメント :

コメントを投稿