2013年10月28日

Bowline 2013

家族で楽しんできました、MWAM&タワレコ企画フェスBowline。

横浜アリーナってこともあって、家族で初の屋内型フェス。かつての結婚式場の横を通り過ぎつつ、篠原口の駐車場が安くて助かります。

野外と違って音量が桁違いなだけに、息子ABの負担が気になったけど、さすが、父のライブで慣れてることもあって2人とも元気いっぱいでした。親孝行過ぎる、わが子達。
スタンドでのフェスってどんな感じなんだろうと思ったけど、意外と楽しめる。もちろんモッシュなんてできないけど、空きスペースでツーステとか息子とはしゃいだり、疲れたらその場に座れるし。何より席があるという安心感は家族連れには嬉しい限り。座ってれば快適すぎるぞ、この空間。

CROSSFAITHからのSiMでは一人ツーステで汗だく、MAHのMCのキレはますます上がってくね。CDに人生変えられたくだりはちょっと泣きそうになった。その分、新曲やらないのはいつも通りのあまのジャッキー。久々の10-FEETも、安定のホルモンも楽しい。息子Bを出しながらでも自然と体が動いて腰を痛む。

さすがに休憩入れないと息子たちもしんどそうなんで、BRAHMANはパス。意外だったのがKEN YOKOYAMA。休憩してパワーが戻ったのか、息子Aもはしゃぎっぷりが半端ない。SLSでの電気グルーヴでのノリといい、通でシブ好みか?

ラストのマンウィズ。息子Aも待ってましたとばかりに、「オレを背負え、オレを抱け」とおんぶにだっこを迫る。父さん、腰がもう限界なんですけど?とはいえ、家族のライブは楽しい。だから最後まで頑張る。息子Aを抱きながら、オレもできる限りノル。

前日のワンマンからの繋ぎからか、マンウィズだけステージ演出が半端ない。レーザーに炎に映像に、なんかズルい。でもライブのテンションは最高。スタンドから見るFLY AGAINのサビの一体感、気持ちよかった。

懸念してた息子Bの半狂乱もなく、みんな楽しくストレス発散ができた1日でした。やっぱライブがないと死んでしまう、この一家。


0 件のコメント :

コメントを投稿