2013年10月6日

下水がない?!

地盤改良を目前に控え、照明や造作棚プランをぐしゃぐしゃ考えているさなか、クボタ住建さんから連絡がありました。

「下水が通ってないみたい。下水台帳では通ってることになっている。ただ、隣地までは2本来てるんだけど、うちの土地の目前で切れている。」

うーん、確かに契約前も「汚水マス」がなかったのは気になっていて、不動産屋にも売主さんにも「下水が通っていること」は再三確認したんですが。どうやらうちの土地は隣地と変なかたちで分筆されているんで、売主さんも気付かなかったのか。なーんて、甘いことを言われても困ります。

クボタ住建さんには急ぎ、引き込みの申請を動いていただいたのですが、下水がなければ工事中トイレもまともに使えないし、ご近所への環境を考えたら何とかしたい。それにこのおかげで一手間かかってるので、追加費用だって掛かります。

なので、不動産屋に連絡して、対応をお願いしました。お願いしたのは2つ。

1)下水引き込みに係る追加費用の負担
2)下水引き込みまでの3ヶ月間、隣地まで来てる下水の1本に仮設トイレを繋げられるよう、隣地との調整

さすがに不動産屋も慌てたようで、1)は簡単に承諾もらいました。が、2)はなぜか売主さんの動きが悪い。「もう売った土地だし・・・」「持ち主変わってるから・・・」「汲み取りじゃダメなの?」とか、不動産屋も困りながらではあるものの、いろいろ伝え言われました。

でも、ダメです。何も調整しないでこっちに妥協を求められても困ります。この土地は「下水有り」で契約してるんで。ってことで、多少強く言ったら、2)も承諾いただけました。よし。

やっぱり不動産は怖いですね。確認しても目に見えない部分はこういうことがあるんですね。

いずれにしても、もうすぐ工事スタートです!

0 件のコメント :

コメントを投稿