2013年7月22日

SiM EViLS Tour FINAL 渋谷AX vs. ONE OK ROCK

待ってました!

ドイツ出張から帰宅翌日、時差ボケの頭と身体、AMは坊Aとサッカー、選挙、で渋谷へ強行。チケットは見ず知らずの女の子が、Twitterで譲ってくれた。こんな強運はないでしょ。多謝。

SiMとワンオクの対バン、賛否両論はわかるけど、どっちもカッコいいバンドとして見ているオレにとっては願ったり叶ったり。

去年のSLSはステージが離れててSiMを全部暴れられなかったり、DEAD POPは体調不良でSiM途中で死亡、PUNK SPRINGは時間の関係でワンオクを帰宅モードで聴く、という状態で、オレにとってもなかなかうまく行かないこの2バンド。なので、今回は気合十分!

会場前では偶然Quad7ベースの笹Pとアカネちゃんにもあって、久々のソロライブでもなくてテンションUP。

ワンオク、1曲目からDeeper Deeperはヤバい。「ワンオクはチャラい」と言っている笹Pも、いきなりワンオクでツッコんでくし。オレも笹Pの肩を借りて、いきなり飛びました。この曲、ワンオクで一番好きだ。その後もSiMキッズの激しいノリに負けじと、ぐしゃぐしゃに。相変わらず、このバンドのリズム隊は巧い、重い。低音の包まれ感が半端ない。

そして、SiM。

OPのCM、カッコよすぎ。音も映像もキテる。ニューアルバム「PANDORA」、期待大。からの、Blah Blah Blahで会場はツーステの嵐。狭いから蹴られる蹴られる。負けじと踊る。SiMのライブのこのメチャクチャ感、激しさ、オレは気持ちいい。中には毛嫌いする人もいるだろうけど、中には暴れ方が下手な奴もいるけど、それでもみんなが何かを吐き出してる、そんな感じがする。もちろん、オレも吐き出してる。

意外と前のほうがスカスカで、ダイブ中に肘から落ちて大ダメージを食らったりもしたけど、それもライブ。なんとか大怪我は免れて、自分としてはこれまで行った4回のSiMライブの中では、100%出しきれた。

ワンオクTakaが唄うKiLLING MEの会場もヤバかった。終わりの始まりのBlah Blah Blahはもっとヤバかった。終わった後は立てなかった、握力もなかった。でも、自然と笑顔が止まらなかった。

That's a live!







0 件のコメント :

コメントを投稿