2013年2月24日

悔し涙は成長の証

坊Bがなかなかこの世界に出てこないことを裏目に、坊Aのイベントを次々とこなししてしまう一家。

音楽祭、そしてサッカー試合まで家族で見られるとは思わなかったです。

日が暮れる間近の河川敷は極寒でしたが、毎週の幼稚園練習、毎週末の自宅練習のかいもあって、最期まで走り続ける坊A。

前回の試合と比べると、その動きは雲泥の差。まだ自信の無さからか、ボールに触れる回数は少ないものの、ボールに触れさえすれば、それなりに戦えると、父は実感しました。

今回は残念ながら表彰状はもらえず、どういう反応をするのかと思っていたら、いきなりの号泣。坊Aが人生で初めて見せた悔し涙。

うんうん、そうでないと。負ける悔しさを知るものだけが前に進める。次は勝てるよ。

その濁りのない目に次に映るものは何なのか。

がんばろうぜ。

0 件のコメント :

コメントを投稿