2013年2月2日

湯沢神立高原 2013

1/26、ヨメさん臨月寸前、今シーズンラスト!の勢いで高校の悪友と計画。

が、今シーズン最大の爆弾低気圧到来、どこもかしこも前日は40cm以上の豪雪。目的地の変更に変更を重ねて、辿り着いたのが神立でした。

当初は白馬や北志賀方面に向かう予定だったものの、西風に恐れをなして、まず関越方面に変更。高校時代のBGMを!ということで、Driving BGMは90年代V系代表ラルク!

お互い行ったことがないという理由で上越国際を目指すも予想通りの大渋滞、関越を抜けると大雪も重なってペースがどスロー。有名ドコロはダメだろうとかぐらを目指すも、なんかもう、あまりの大雪にそれすら面倒。

ちゅうことで、湯沢ICすぐ近くの神立へ。色んな評判をからいいゲレンデだと聞いていたので一度行ってみたかったの。

確かに、決して大きくはないものの、未圧雪のヘラクレスコースから広々とした緩斜面まで、いろんなスタイルで楽しめそう。相方のたっての希望で、未圧雪を攻めまくったんだけど、滑ってるそばから積もってくるから、オレの腕(脚)では埋まる埋まる。でも、雪が軽いから気持ちイイ!

あまりの埋まり続きでつかれて休もうとするも、相方のテンションはまるで高校のまま、まったく休もうとしない。ひぇー。

とはいえ、何度も何度もヒザの限界まで滑ってると、アドレナリンも全開で、とにかく楽しい。

途中、ホワイトアウトやゴーグルの凍結で、うげげ、というシーンが何度かあったけど、閉園近くなると雪も止んできて視界もクリア。

ちょいちょいグラトリもはさんだり、コース脇のパウダー攻めたり、雪が最高だったのもあって、もう体の限界まで遊んじゃった。

帰りのBGMはLUNA SEA!

これで今シーズンはしばらくお休み!お疲れさまでした!


ゲレンデデータ
2013年1月26日   9:50~16:40
積雪:230→270cm
雪質:降っても降ってもふかふかパウダー
混雑:緩斜面は初心者多で危ないったらありゃしない、上の方はガラガラ!

0 件のコメント :

コメントを投稿