2012年9月28日

音へのこだわり

今朝、会社の先輩と「CDっていい音だよなー」って話題から、ちょっと書きたくなった。

昔はね、それなりにオーディオにこだわってたんだよ。ウン万円のスピーカーとか、たかがケーブルに数千円か掛けたり、ヘッドホンやイヤホンも最高級じゃなきゃ気が済まなかったり。周りがテープのウォークマン使ってる中で、早々にMDに切り替えたり。おかげで、耳の分解能はそれなりに鍛えられたと思ってるけど。

シビック買ったときも、真っ先にスピーカー変えてウーファー積んでデッドニングして、納得いかないからデッキも変えて、とか。

何がキッカケだろうね、やっぱmp3とiPodかな、こだわりがなくなってきたのは。だって、出音にこだわっても、元が劣化してるから限界があるんだよね。それを思っちゃった時点で、あるレベルで満足しちゃうようになっちゃった。

もちろん、iPod付属のイヤホンとかノートPCのスピーカーとかじゃ聴けないけど、ワンランクUPしたモノであればまったく不満は感じない。耳の劣化もあるんだろうけどさ。

どんなにいい音だって、ライブの生音には敵わないもん。

0 件のコメント :

コメントを投稿