2012年8月22日

snow peak Headquarters キャンプフィールドに行ってみた

念願叶ったり!

憧れだったsnow peak本社のある燕三条のキャンプフィールドに、夏休みを使って3泊ガッツリ満喫してきました!オレのsnow peakフェチぶりは知る人ぞ知る、といったところだったりするんだけど、もう始めから最後までテンション上がりっぱなしで、あっという間の4日間。

そんな油断が大量のブヨに刺されるという事件や超ゲリラ豪雨からの避難指示、なんかも経験させてくれて、なかなか百点満点にさせてくれないところも憎いところ。とはいえ、4日間、日中は全て快晴で、とにかくsnow peakを遊び尽くした感がいっぱいで、お腹いっぱいの夏休みでした。



snow peakキャンプフィールドの宿泊ステータス
■ 3泊4日、大人2人、幼児1人 (+会社の先輩など3人)
■ サイト料:10500円
■ サイト:Cサイト (サイト全体が見渡せる絶好の高台)
■ 2012年8月中旬


snow peakキャンプフィールドのイイところ
■ とにかく広大なフリーサイト。フリーとはいえ、満員になってもかなりの余裕がある敷地なので、開放感バツグン。


■ もちろん、サイトはほとんどがsnowpeak。他のファミリーキャンプ場じゃ得られないsnow peakerの満足感。レアなギアを使ってる人も多くて、参考になる。そして、みんな仲間意識からか親身。

■ もちもちろん、snowpeakショップ併設。売ってないものはないくらいのラインナップ数で、キャンプフィールドオリジナルアイテムも売ってる。反面、財布の紐には要注意。




■ もちもちもちろん、snowpeakオフィス&工場が併設。無料で見学もできる。印象に残ったのは、アフターサービスへの力の入れ方。修理に妥協を許さないらしい。思わず、修理に出したくなってしまうほど。わが家は帰り際に、リビングメッシュエッグとローチェア30の穴空き修理を依頼。

■ 24時間、シャワー無料。真夏には重宝。トイレもウォッシュレット付きでキレイ。炊事場はお湯が出るから油汚れもスッキリ。設備的はこれでもかってくらい満足感。


snow peakキャンプフィールドのちょっと・・・なところ
■ 丘陵地がベースなためか、サイトの多くが傾斜地。きちんと場所を選ばないと、寝るとき辛くなってしまうかも。 クルマを芝に入れることができないので、選んだサイトによっては荷物運びがちょっと大変。


■ 真夏は猛暑。高原を想像してたが、高度は170m程度で実は平地に近い。燕三条付近は屈指の猛暑地帯らしく、このときも35〜37度。日中はとても外に居られない。春や秋がベターかも。

0 件のコメント :

コメントを投稿