2012年8月23日

snow peak Headquarters キャンプフィールド 1日目


「言葉の響き」って、人生にとって大事だと思うんだ。自分に響く言葉ってあるよね。オレにとっては、それが「snow peak」だったり、「燕三条」だったり。理由はわからない、もちろんブランドやデザインや、もともと金物が本能的に好き、ってのもある。だけど、その裏付けがなくても、「snow peak」と「燕三条」って言葉の響きは、自分の中に共鳴する部分がある。

だから、燕三条のsnow peakは行かなきゃいけないんだよ、何があっても。だから、一睡もしないで3時出発とかできるんだよ。だから、300km、6時間の道中だって苦にならないんだよ。

つうわけで、ETC深夜割を狙って高尾山ICから圏央道~関越入り。赤城高原付近は霧で何も見えず、気温も22度と行き先不安だったけど、関越トンネル抜けたらそれも杞憂。快晴の朝日の中、この旅は幕を開けるんだい。


SAのくせに何もない石打丸山SAで、先輩OKDさんのIMKエキスパート、別名ボンゴ(NAロードスターの代車、いつもはPAOでキャンプな人)と合流。ひたすら魚沼産コシヒカリな田んぼの中を、一路燕三条へ。

燕三条ICから降りて、snow peak本社への道中が多少心配だったものの、ご丁寧に交差点ごとにでかい看板が乱立していて、迷うことなく到着。けっこう入り組んだ集落の奥に突然出てくるコンクリート打ち放しのビル。


まずはそのビル裏にひろがる広大なサイトに感動。もちろん、サイトはsnow peakばかり。これまたsnow peakerの血が騒いで感動。お盆最終日にも関わらず、サイトはまばらで、場所はけっこう選びたい放題。


途中、ボンゴが坂を登れずスタックというアクシデントに苛まれながらも、グルグル回って選んだのはサイト全体を見渡せる高台のCサイト。比較的地面は平らでトイレも行きやすく、オレ的には一等地。


高原を想像していたものの、高度170m、気温35度という猛暑には誤算を感じながらも、なんとか設営を完了。ボンゴの大容量ラゲッジを活用して持ってきたという、最初で最後のオモチャ「モンキー」にみなが戯れる。ギア付きバイク運転したの初めてだけど、慣れれば楽しい!息子も満足気。


近所のサンゴーマートで格安食材を買い出し、夕飯はダッチオーブンで鶏肉ロースト!相変わらず、旨すぎ。大好評。


とホクホクしてると、みんなの手足から血が流れ出している。このときは大したことない、ただの蚊、程度にしか思ってなかったが、翌朝、ひどい結果を招くことを、この時点では誰も知らない。

重ねて、遠くから雷が近づいてくる。やばいなーと思ってると、急に風が変わるのを肌で感じる。一瞬の判断で、一気に食べたモノを片づけ、構えていると、一気に天候が急変。まさに超ゲリラ暴風雨。

周囲ではタープが次々に崩壊、雷は真上近くまで来ているよう。雨は横から下から叩きつけるようで、もはやスクリーンタープの中でも避難している意味がなく、OKDさんの判断で、全員ボンゴに避難。

そんな中でも素人キャンパーのレンタル組はタープの中にいたりして、スタッフが危険指示を促してる。そんな状況。

そんなひどいゲリラ豪雨も、1時間もすれば小康状態で、なんとかテントに戻るも、みな疲労感からかシャワーを浴びたら即就寝。そういや、朝も早かったし。次の日のことなど考える余裕もなく、泥のように眠る。

0 件のコメント :

コメントを投稿