2012年7月12日

あー、こうやって踏切事故は起こるのか

パニックって怖いというべきか、ババァの運転が怖いというべきか。

クルマでとある踏み切り待ちの話。

普通、踏み切り渡るときって前方が詰まってるかどうかって気になるポイントじゃん?詰まってたら踏み切りの中に取り残されるわけだから。これが実際に起ったのさ。

踏み切り渡った先に信号、その先に工事、どう考えても詰まるであろうことは予測できるのに、あろうことか、そのババァが3人乗ったキューブは、前方の状況を無視して、一旦停止もろくにせずに、オレのクルマに付いてきやがった。


踏み切りを渡った先には、オレのクルマしか停車できるスペースはないのに。


だいたい予想はつくと思う。

バックミラーで見てたら、最初は「やっちゃったわ」的にヘラヘラ笑ってたババァどもも、踏み切りの警笛が鳴ると一気にパニックになったのか、もはや何やってるかわからない。ぎゃあぎゃあ楽しんでるようにさえ思える。

ドライバーはクラクション鳴らすだけ。鳴らしたって前にスペースないっての。反対車線にクルマ来てないんだから、そこに入れろや、って案内してやってんのに、目に入ってないみたい。

そうやってる間に遮断機が降りて、キューブの屋根を直撃、あーあ。って、キズにはなってないだろうけど、物理的な反省を示すためにも傷になってもよかったんじゃん?って今になって思う。

後部座席や助手席のババァは降りて、自分の身を守るとか、緊急停止スイッチ押すとか、すればいいのに、それすら頭が回んないみたい。なんかわめいてるだけ。ドライバーにしたらただの雑音スピーカーなんだろう。

そうこうしてる内に、前が動いたからさっさと前に行ってやったのに、そのキューブはちっとも動かない。もはや思考も、そこからくる伝達系も麻痺しちゃったのかしら。

そのまま電車が突っ込んできたから、一時はどうなるかと思ったら、キューブのオーバーハングの短さに助けられたのか、何事も起きず。ホッとするものの、なんか釈然としない。モヤッと感。

けっきょく、そのババァ共はその後も笑いながらどっかに消えて行きましたとさ。



踏み切りは気をつけろや、もし事故ったらどんだけの人に迷惑かけるか考えろ、ボケ。事故るなら勝手に自爆でどうぞ。

0 件のコメント :

コメントを投稿