2012年6月13日

電子レンジでお手軽自炊

アルバムの写真の整理も一区切りしたんで、いよいよ本格的に本、マンガ、スコア、雑誌の片付けに入ってます。

写真とは違って、本の自炊となると避けては通れない裁断。これをどうやってやるかが、大課題ですね。いろいろ悩んで、いろいろ調べて、行き着いた答えがコレです。


お手軽な裁断方法
カール事務器 ディスクカッター DC-210N
どんなにお手軽とはいえ、やっぱり裁断機はあった方がいい。ということで、Amazonで手に入れたのがDC-210N。一度に40枚程度しかカットできないんですが、その分、値段は10000円と安い。

まともな裁断機を買うと、数万円は下らない上、メンテンナンスにもやたら金がかかるし、置き場所にも困るとか。子供がいる我が家のような家庭には安全面も心配。

それにひきかえ、DC-210Nは指を入れる心配(隙間)もほとんどないし、刃をカッターのように引かないとモノが切れないので、安全面はクリア。メンテナンス費も安い。

ただし、100Pを超えるような本や雑誌は、もちろん、そのままでは切れません。

そこで使うのが、電子レンジ

え?と思うかもしれませんが、本を電子レンジ(1000Wで1分程度)で温めると、本の背表紙を止めてる糊がはがれやすくなって、力を入れずとも手で簡単にひきちぎれます。試しにいらない文庫本などでやってみてください。ね?ペリペリ剥がれるでしょ?

もちろん、暖めすぎは危険かもしれませんが、電子レンジで温めた本を40ページくらいずつちぎって、40ページをDC-210Nで裁断。そのまま、40ページ毎にDR-C125でスキャンすれば、自炊完成です。スキャンの読み取り上限枚数が決まっている以上、40ページしかカットできないDC-210Nでも十分なんです。

Amazonでももちろん評判は上々。

手間はかかるけど、これで家中の本や漫画をやっつけて、シンプルな暮らしを手に入れてやる!




0 件のコメント :

コメントを投稿