2012年4月21日

Eye Fiのデータ送信タイミング

G+住民から教えてもらったのでメモー。いくつかの判定を経てるから、送信遅い時があるんだね。

普通モード
・カード内の未送信データを探す。
・未送信データを見つけたら、無線LAN APを探す。
・無線LAN APが見つかったら、同一ネット上のスマホを探す。
・スマホが見つかったら、カードがデータを送りつける。

ダイレクトモード
・カード内の未送信データを探す。
・未送信データを見つけたら、無線LAN APを探す。
・無線LAN APが見つからなかったら、自らが無線LANになる。
・スマホのEye-fiアプリがカードにEye-fiカードに接続する。
・Eye-fiカードにつながったら、カードがスマホに送りつける。

経験上、無線LAN APの検索に時間がかかったりすると、転送開始が遅くなるようです。

カードがカメラに入っていると電波の飛びが悪かったりするので、カードと無線LAN AP(もしくはスマホ)との距離が少しでも離れると、時間がかかるようです。また、カード上に設定した複数無線LAN APが同時に存在したりすると、カード側の挙動がおかしくなる傾向があります。

0 件のコメント :

コメントを投稿