2011年12月29日

Line6 RELAY G30, George L's

ライブを目前に控え、ボーナスの使い道を考えていたら、気付いたらポチッと。

念願のワイヤレス。

音痩せ懸念したけど、ほとんど痩せないのね、これ。デジタル転送をうたってるのは、あながち嘘ではないみたい。低域が若干潰れて中域が引き立つ感じ。ギターには最適な特性。

しかし、ワイヤレスがこんなに楽しいもんだとは。ライブはもちろん、スタジオでも自由に動き回れるってのは最高。思わぬ利点は、片付けも楽になったこと。シールド1本束ねる手間がなくなった。

電源もEneloop使えば充分、高品質なワイヤレスが30000円以下で買えるなんてね。昔は10万超えのEX-Proとか考えたけど、買わなくてよかった、うん。

送信機はCHUMSストラップにクリップ止めで十分。ライブで暴れても飛ばなかった。2000円くらいで送信機ホルダー売ってるけど、アレつけるとカッコ悪いから。

で、エフェクトボードにG30受信機を入れるために、パッチケーブルをGeorge L'sにして、コンパクト配置化。ハンダ使わずに、自分の好きな長さでパッチケーブル作れるってのが最大の魅力。確かにメッチャ楽。

ケーブル細いくせに、音の特性もよくて、今まで使ってたProvidenceやBELDEN8412がなんだったのか。ハンダ使わない分、耐久性はちょっと心配だけど、しばらくGeorge L'sオンリーで行ってみる。(ワイヤレス送信機~ギタージャックは強そうなBELDEN使用)。

0 件のコメント :

コメントを投稿