2011年8月19日

エルム高原オートキャンプ場に行ってみた

s-IMG_5159.jpg

マイカー北海道ツアーの2ndキャンプ、てんとらんどの次に宿泊したのがエルム高原です。旭山動物園と、知床~苫小牧間の中間地点として、拠点にしました。ネット予約できる点が決め手でしたね。

テント設営時、ピンポイント豪雨にやられたこと、受付時のスタッフの対応に誠意を感じられなかったこと、で初めから心を折られてしまったため、正直、あまりいい印象を持てていません。こればかりは仕方ないことですが、残念ですね。

エルム高原オートキャンプ場の宿泊ステータス
■ 2泊3日、大人2人、幼児1人
■ サイト料:10400円
■ サイト:Bサイト (電源、流し台、野外炉付き)
■ 2011年8月中旬

エルム高原

エルム高原オートキャンプ場のイイところ
■ 比較的、滝川の街に近いため、食材の調達などは楽です。付近にローソンがあり、少し車を走らせれば巨大なダイエーがあります。

■ 初日は温泉が無料。併設されているのは嬉しいです。(といっても、歩いて行くには10分以上坂を登る必要があり、結局、遠回りして車で行くことになる)

エルム高原オートキャンプ場のちょっと・・・ところ
■ サイトが狭い、景観が悪い。比較的設備のいいはずのBサイトでしたが、テント・タープを張るにはスペースが足りません。また、サイトの場所が一番下側の木々に囲まれた中で、見晴らしが無いに等しいです。一方、上の方のサイト(Aサイトやフリーサイト)は、非常に景色が良さそうでした。フリーサイトはガラガラでしたので、結果で言えば、そちらの方が良かったです。

s-DSCN0987.jpg

■ 蛾の量が異常。どれほどかというと、一晩でテントに卵を産み付けられたり、ポールホールに入り込んでくるレベル。トイレの入口が蛾でびっしり埋め尽くされます。鱗粉嫌いの人にとってはもはや拷問です。

■ 炭や薪が高額。長期旅行者にとって炭や薪は現地調達が基本になりますが、このキャンプ場で調達するのはオススメできません。ホームセンターで298円で売っている炭が、800円もします。こんなボッタくるキャンプ場は始めてだったので、度肝を抜かれました。

■ 野外炉が使い物にならない。チャコスタを使っても、1時間近く全く炭が熾きませんでした。その後、ユニフレのファイアグリルに変えたら一瞬で火熾し完了。何なんでしょう。

■ フェリー半券でもらえるオリジナルグッズがポケットティッシュとボールペン・・・。いくらなんでもそれは・・・。しかも、半券没収とか言われるし。我が家はティッシュとボールペンより、半券を取りました。

■ コストパフォーマンスが悪い。北海道にしては高めのリゾート価格、その上、上記のようなマイナス点があるので、なかなか良いイメージをいだくことができませんでした。我が家は二度と行くことはないでしょう。

エルム高原

0 件のコメント :

コメントを投稿