2011年5月10日

田貫湖キャンプ場に行ってみた

少し前ですが、GWに2011年のキャンプ初めをした時の記録です。また行きたいと思える、なかなか気持ちのいいキャンプ場でした。

出発直後に、長男がまさかの車内で下痢発射。オムツもしてなく、大変な事態に・・・。足柄SAトイレ内で40分足止め(ノンストップで出るわ出るわ)を食らう痛い序曲になりました。

田貫湖キャンプ場はフリーサイトのため、特に繁忙期は場所確保が課題になります。今回、4テント・2タープと大所帯、連休2日目、快晴、という不利な条件を抱えてましたが、歩きに歩いて何とか広めの場所を確保しました。


田貫湖キャンプ場の宿泊ステータス
■ 2泊3日、大人6人、幼児1人
■ テント4張、タープ2張
■ サイト料:22400円
■ サイト:フリーサイト
■ 2011年ゴールデンウィーク


田貫湖キャンプ場のイイところ
■ 何と言っても、フリーサイトなので場所が自由。空いてさえいれば広々とサイト設営が可能です。湖の畔や、富士山を見渡せる丘の上は競争力が高いですね。

■ 芝が比較的キレイ。フリーサイトにありがちな荒れ放題の土地って言うわけではないです。それなりに手入れが行き届いています。

■ 料金が安い!テントとタープに加算される料金方式なので、テント・タープ1つずつの場合は、1泊3000円弱で利用できます。


田貫湖キャンプ場のちょっと・・・なところ
■ オートキャンプができない。駐車場とサイトが完全に切り離されているので、駐車場から確保できたサイトスペースが遠い場合は、荷物運搬でかなりの手間を要します。今回もリアカーを押した荷物の往復だけで、30分近くかかった気がします。

■ サイトが全体的に傾斜している。平らな場所を見つけるのは結構苦労するかもしれません。ある程度の割り切りが必要です。

■ 夏はブヨが大量発生するという情報。


ランドネ 2012年 06月号 [雑誌]

0 件のコメント :

コメントを投稿