2011年8月1日

スノーピーク ローチェア30 布の張り替え

snow peak ローチェアは、自宅で使っているほど大のお気に入り。そこで今回、りく用にと、1年越しで2脚目のローチェアを導入しました。

が、しかし、到着したローチェアを開封してみると、こんな状態。

ローチェア

そうなんです、貼り布の色が違う。新しいものの方が濃いんです。夫婦で色を揃えて、サイトで並べたかっただけにこれは残念。何故、こうなってしまったのか、知らぬ間に染料を変えたのか、確認するため、snow peakのサポート、と、snow peak社長のTwitterに問い合わせみることにしました。

すると、サポートからは、「通常やらないことだが、有料で構わないなら布を張り替えて色を合わすことは可能」という回答。嬉しい言葉ですが、当たり前といえば当たり前の回答。

どうしようか悩んでいると、数日後、社長から直で、こんなダイレクトメッセージが。

「先日のお問い合わせへの件です。旧カラーを全国探していましたが見つかりませんでした。次善の策として古い方を新しいカラーに張り替えは可能です。無償で張り替えさせていただきますのでご検討下さいませ。」

これぞ究極のカスタマーオリエンテッド。望んでもいないのに、ここまでしていただけるとは全く思っていません。snow peakの「粋」や「愛」をマジマジと感じました。

その後、1週間ほどで古いローチェアの布の張り替えは完了。2脚が全く同じ色になって戻ってきました。これはもう一生モノ、大事に使い倒したいと切に思います。なかなかモノに愛着が湧く出来ごとって少ないですが、まさに今回はそのものです。

snow peakは決して安い製品ではないですが、この一件で、もっともっとsnow peak製品が欲しくなってしまった我が家でした。

0 件のコメント :

コメントを投稿