2011年7月22日

Nikon COOLPIX P300

COOLPIX P300

ドイツ出張用に購入したお手軽街撮りカメラです。

元々、りくが主に使用してるCanon Powershot G9をメイン機にしてましたが、出張レベルの旅には大きすぎるし、流行りのミラーレス一眼という選択肢もありましたが、大きさ・お手軽さという面でG9以下になってしまう。ということで、行き着いた先がこの子でした。

決定的だったのは、f1.8という明るいレンズ。G9は日中は優秀でも、暗いライブハウスや美術館は苦手だったので、その弱点をP300で補おうと考えました。

似た価格帯・性能のPowershot S95も当然選択肢としてありましたが、G9持ってるし、自分用のカメラなのでもっとキャラクターがとんがっててもいいかなと、P300を選択しました。G95のデザインがあまりビビっと来なかったのも、1つの要因ですかね。

無骨なデザイン、広角24mm、スイッチOnから起動の速さ、マニュアル撮影の豊富さ、フルHD動画、30000円以下のコストパフォーマンスなど、他にもP300を選んだ理由はいっぱいあります。実際使ってみても、使い勝手は他のデジカメと比べてトップに位置すると思います。

Canonに慣れたせいか、Nikonの特徴なのか、色の発色が少し冷たい感じ(青がかってる)かな、と最初は感じましたが、ホワイトバランスと、露出調整と同時にできる「色合い」の調整をしてやると、自分好みの色で撮影できるようになりました。「P」モード使用です。

参考まで、ドイツで撮影した写真を数枚載せておきます。歩きながら適当にスナップ撮影したものばかりです。撮影に気合いなんて全く入ってません。それでこの画質だから満足の粋でしょう。

せっかくだから、f1.8の恩恵を預かれる暗い場所でもバシバシ撮りたいですね。

アウトバーン
ベンツミュージアム
ベンツミュージアム
s-DSCN0326.jpg
s-DSCN0333.jpg
s-DSCN0335.jpg
s-DSCN0346.jpg

0 件のコメント :

コメントを投稿