2011年3月16日

東北関東大震災 備忘録1

静岡の富士山直近で大地震。流石に「いよいよか?」って気分になってきて、当日の記憶が薄れてしまいそう。なので、未来の自分に向けて備忘録。

3月11日(金)
・ 2時46分ころ、会社の自席で揺れを経験。最初は普通の地震かと思いきや、やたら揺れが長い。パソコンの保存指示が飛び交う。と思ったら、いきなり回転するような揺れ、次いで停電。直感的に「ヤバい」と感じる。周りが机の下に逃げ込んだのを見届けて、自分の机の下へ。

・ ひとまずの待機命令。余震が続く中、情報合戦が始まる。会社のIPフォンは死亡、携帯通話は不能、時々メールが繋がるのでヨメに連絡。無事そうなのでひとまず安心。ワンセグ、Twitter、FMラジオ(iPod nano)などを情報源として頼る。

・ 何時まで経っても会社からは指示がない。「周囲が停電で、信号Stopにより大渋滞。小田急は運転見合わせ」であることのみ伝えられる。山奥に閉じ込められ、日本はおろか、市内の状況もよくわからない。

・ パニックは怒らないものの、空調は切れ息苦しく、暗黒なトイレは流せない、環境は悪い。

・ この日に限って昼飯がカップ焼きそばで、急速に空腹。売店に行くと、真っ暗の中、営業してくれて、オニギリと水分を補給。心の中で、歩いて帰ることを決める。

・ チームリーダーが部長に掛け合い、帰宅できる者は帰宅OK指示。自宅遠方組を残し、海老名・座間方面でチームを組んで、徒歩ルートを選択。

・ 外に出ると、道路は大渋滞、歩道も社員で溢れ、異様な光景。FM YOKOHAMAを聞きながら、帰路をひた歩く。いろんな人間が携帯抱えながら歩いている。

東北関東大震災

・ 本来予定してた整骨院に行こうとするも、市内の店は殆ど閉店。道中通過した海老名駅も大パニック。公衆電話に200mくらい、長い列が出来ていた。

・ 腰痛復活させながら、2時間かけて帰宅。テレビを見て、詳細状況を初めて知る。地震よりも津波の映像に衝撃。

・ 緊急地震速報がやたら鳴る。その度に構える。焦る。精神的に疲れる。

・ ギターをハードケースに入れ、立てかけてたスノーボードを部屋に横たえる。キャンプ用品で使えそうなものを全て出し、非常脱出バッグを作る。

・ 有事の際のTwitterやmixiの情報による威力を痛感する。


3月12日(土)
・ 4:30の緊急地震速報で慌てて起床。でも誤報。

・ すぐ後に長野震源で震度6。諏訪の祖父母が心配になる。

・ 日立で1300台の日産車(Infiniti GやM)が燃えている。自分が手掛けた子どもたちが燃えるのを見るのは悲しい。

・ ガソリン空なのを思い出し、急いでスタンドへ。比較的普通に満タンにできる。この後のガソリンパニックを思えば運が良かった。

・ 次いで開店直後のダイエーへ。この時点はパニックもなく、ガラガラの中、欲しい物を普通に買える。週明けのことを予測もできず、ホワイトデーのお返しも購入。

・ 翌日のTOEIC中止。肩の荷が1つ降りる。延々とニュースとTwitterで情報に溺れる。

・ ヨメと坊が昼寝中に、海老名市内を偵察。ViNA WALKとSATY(3F崩壊)は休館。docomoショップが子どもの携帯を求めるファミリーで大混雑。不謹慎だが、計画通り、ダイエーの携帯ショップで Galaxy Tab を契約。

・ ヤシマ作戦に参加。17時半に夕飯&風呂完了。枝野官房長官の分り易い会見に感銘を受ける。


3月13日(日)
・ 海老名は平和。少しでも日常に戻ろうと、坊とカプチの洗車。花粉に塗れる。

・ ニュースで気が滅入り、散歩。ダイエー再偵察、普通の休日の混雑。加工食品は全滅だが、野菜、肉、魚はあり、騒ぐほどのことじゃないような気がする(このとき、甘く見過ぎてた)。

・ 輪番停電計画、発表。世間同様、情報のあやふやさに踊らされる。ひとまず、翌日の6:20 Startに備え、eneloop充電や外付けHDDオフ等、最低限の準備。

・ 停電による大混雑を予想、翌日の出勤に備え、チャリ通勤を決心。


3月14日(月)
・ 6:00起床で停電に備えるも、何も起こらず。TVをつけると停電中止との会見。ほっと一息。

・ 7:00に上司から電話。自宅指示命令。小田急も相鉄も全線Stop。行きたくても行けない人間が続出で当然の措置。

海老名駅閉鎖

・ おはスタの山ちゃんが明るく「地震は怖いけど、みんな頑張ろう!」って言ったことに感動。テレビ東京の底力を感じる。

・ 家にいてもやっぱり仕方なく、外出。単一電池とカセットコンロを仕入れようとするも、時既に遅し。ダイソー、ダイクマをハシゴするも、売り切れ。食品のほとんど売り切れ。意味不明なトイレットペーパーの買い占め。そしてレジは大行列。30分近く並んで、お菓子を購入。

・ SATYも店の前で店内在庫を路上販売。超大行列で対応に追われ続けているも、こんな状況でも営業させる店員さんのガッツに心からの応援。

・ Amazonで単一スペーサ購入してみるも、在庫切れでキャンセル。お米の鬼平で米を注文すると、すんなり3日後お届けの連絡。楽天のガッツにまたもや感動。

・ 日々明らかになる犠牲者の数と、枝野さんのやつれっぷりに、本気で心配になる。

・ この日も停電には当たらず、幸運な1日。


3月15日(火)
・ 自宅待機2日目。ヨメさんはマルイへ仕事。坊と2人で近所の公園へ。2時間居ても誰も来ないが、それなりに坊のストレス解消に一助。

・ 自宅崩壊の場合のリスク管理を考え始め、まずは重要データのクラウドへのバックアップを決意。Galaxy Tab への同期もセット。Evernote、DropBox、KeePass を駆使して、まずはパスワード管理の徹底。

・ 日経平均株価が4日間で2000円近く暴落。

・ ヨメさん、食品小売業のため、ボロボロになって帰宅。お疲れ様。マルイもアパレル店員を1Fに動員、一丸となって、この日を乗り切ったみたい。

・ 会社から翌日出勤指示。海老名地域のリーダーに任命される。ガソリン節約のため、チーム内乗り合いで会社へ向かう計画をたてる。

・ 17:00、海老名中央方面、停電実施。幸い、我が家の電気は消えず。地域分けの定義が未だに分からず。暗闇と鳴った海老名市街地を見て、心を引き締め直す。

・ 22:30、富士山近傍で震度6。ドキドキしながら今に至る。

0 件のコメント :

コメントを投稿