2011年1月23日

インフルエンザ治療薬 イナビル



物の見事に、A型インフルエンザに掛かりました。

39度近い高熱、歩けないほどの全身の関節痛、咳、痰、鼻水、頭痛、発症初日は本当に辛くて、解熱剤を飲まないと何も出来ないほど。

隣の席の同僚がインフルエンザで3日間死んでたので、これはもうインフルエンザに間違いにと、病院に電話。隔離してもらってインフルエンザ検査を実施したら案の定でした。

102が行った病院はタミフルは使わないとのこと。一時期の副作用問題から自粛してるようです。そこで出されたのが、このイナビルでした。

イナビルは日本では2010年7月に承認されたばかり、インフルエンザ治療としては4番目の薬です。タミフルやリレンザは1日2回、5日間の服用が必要ですが、イナビルは病院での1回の服用で済んじゃいます。

実際、102も病院で 40mg を吸入して終わり、あとは咳止めなどをもらっただけでした。吸入も、ナースが丁寧に使い方を説明してくれて全く問題なし。さすがにちょっと口の中が粉っぽくなりますが、味は殆どありません。

イナビルは、102には効きました。その日(発症当日)の夜には熱が下がり、次の日の朝は日常生活に困ることはないレベルで復活しました。外出できないのが悔しくなるほどです。今のところ、副作用は感じてません。

薬の効果は個人差があるので、コレが全てとはいいません。が、インフルエンザ治療の選択肢がいつの間にか増えていたのには正直驚きました。タミフルしかないと思ってたので。

いずれにしても、予防をしっかりしてインフルエンザなんかにかからないのが一番です。治療費、薬代だけで4000円超えますからね。。。

0 件のコメント :

コメントを投稿