2011年1月16日

アルツ磐梯スキー場 へ行ってみた

今シーズンの子連れスノーボードはアルツ磐梯からスタートです。パシフィコ横浜の冬スポでリフト1000円券をもらったので、埼玉の実家帰省ついでに常磐道を一っ走り行ってきました。

行ったのが1/2の日曜、年末の大降雪、ETC1000円、という好条件が揃ってしまったため、予想はしていたもののゲレンデは大混雑。残念ながら、印象は最悪という状態で1日を終えてしまいました。

アルツ磐梯

■ 首都圏から遠い。三郷ICから300kmは流石にしんどい。道中の常磐道に面白みのあるものもなく、ひたすら眠気との戦いでした。

■ リフト券買うのに30分待ち、リフト乗るのに15分待ち、というさばきの悪さ。クアッドリフトを2本とも止まめていて、ゴンドラの混雑はもの凄い状態でした。

■ 積雪は多かった(120cm)ものの、雪質が悪い。パウダーどころかアイスバーン&ベチャ雪で、人工雪のほうがいくらかマシと思えるほど。

■ 公式サイトに「ファミリー向け」とうたっているにも関わらず、全くファミリーに優しくない。詳細は以下。

アルツ磐梯

■ ファミリー優先駐車場は朝8時にはすでに満車(ファミリー以外の車で)。結局、バス移動必須の離れた駐車場に案内され、荷物一式の移動に一苦労。

■ 休憩場所が極端に少ない。地ベタに座らなければならないほど。完全に来客人数とキャパがアンマッチ。

■ キッズゲレンデはあるが、やはり混雑で、常に周りに気を使ってないといつ衝突されるか分からない。

■ 託児所はあるが、無料キッズルームはなし。(休憩所の一角がキッズスペース)

■ 周辺の温泉施設がべらぼうに高い。1人1000円以上がザラ。

条件が違えば見方が少し違うのかもしれませんが、少なくとも我が家はもう二度と行くことがないでしょう。やはり関越、中央道方面が我が家にはあってるようです。

0 件のコメント :

コメントを投稿