2010年8月1日

HP TouchSmart PC 300

夫婦の趣味にパソコン能力が不足してきたので、買い増しました。102PCとして、レコーディングと動画編集をメインにする目的です。

TouchSmart

TouchSmart を選んだ理由
購入にあたっての優先順位は以下と決めてました。

1. デスクトップ、省スペースでできればモニタ一体型
2. OSは64bit、メモリ4GB以上
3. 値段は8万円以下
4. インテリアとしても映えるデザイン

初めは iMac も選択肢に入れましたが、予算オーバーであることと、Windows 資源を無にする優木がなかったので却下。Windows ともなると自然と選択肢は限られ、特に価格の面で直販系に絞られました。

DELL や MouseComputer も調べましたが、どれも野暮ったく業務的なので断念。そんな中、ちょうどHPが30周年記念として、TouchSmart の20%引きセールをやっていて、TouchSmart のコンセプトやデザイン、なにより価格(79900円)に惚れて決めました。1年前に買った HP Pavilion が調子いいこともあり、2台目のHPマシンです。

流行りのクアッドコアでもなく、地デジもなければブルーレイでもありません。それでもパソコンとしてのバランスは優れていて、コストパフォーマンスが抜群のモデルだと思います。今のところ、総じて満足。いい相棒です。

TouchSmart のイイところ
基本性能は問題ありません。AMD 2.9Ghzのデュアルコアは中途半端なクアッドよりも処理スピードが早く、ノートパソコンベースのため発熱も少ないです。メモリ4GB、HDD640GBと、十分な容量を積んでいる上、スピードも早いのでストレスは皆無です。

特徴の20インチタッチパネルは面白いです。普段使うことはあまりないですが、ちょっとしたときに画面にタッチして操作すると、なんだか最新のテクノロジーに触れている感じがして、イイ気分になります。もちろん、絵も描けますから、そのうち子どものオモチャにもいいかも。

予想を裏切られたのがスピーカー。音がイイです。低音が出る割にクリアで、下手な外付けスピーカーよりも良い音します。この薄い筐体なのに、がんばってます。

付属品の少なさにも驚かされました。デスクトップなのにノート並みの付属品の数。電源ケーブルを繋ぐだけってのは狭い我が家には嬉しいです。ACアダプタも本体内蔵なので、余計なモノは本当にいりません。本体から出るのはケーブル1本だけです。

TouchSmart付属品

他の直販メーカーには真似できないこのデザインも、102の部屋にマッチしてくれてます。

正直、欠点を探そうにもあまり見つかりません。前モデルで不評だった「スリープ復帰や再起動後にディスプレイの明るさ設定がリセットされる」不具合にも遭遇してないので修正されたのでしょう。

なかなかやります、HP。



0 件のコメント :

コメントを投稿