2010年8月22日

ルーフボックス適合検討

キャンプ、車中泊、スノーボード快適化計画として、ラゲッジ容量拡大を検討中。

となると、始めに思いつくのがルーフボックスの搭載。空力、ひいては高速域の燃費が落ちるものの、ラゲッジを食い潰していたテントやボードをラゲッジから追い出せるのは魅力。うまくいけば、スノボーに行きつつ車中泊、なんてもできるようになるかも。

しかし、アテンザスポーツ(GG3S)はクーペスタイルのハッチバック。リアハッチへの干渉を考えると、セダンやワゴンのようにおいそれとルーフボックスを買うわけにもいかず。メーカーやSABで質疑応答を繰り返してきた。

ものの、いまいちメーカーも販売員も言ってることが信用できない。ググっても、ハッチバックのアテンザにルーフボックスを載せている例はない。ならば、と、自分でシミュレーションしてみることにした。

超アナログシミュレーション(ペイントによる画像加工)の結果、INNOのシャドウ14(全長1800mm)であれば、ギリギリでリアハッチ干渉は免れそう。逆に、これ以上はかなり厳しく、以下であるとスノボーが入らない。

アテンザ ルーフボックス

これが最良の選択と判断。リスクを抱えつつも、楽天でポチっとしてみる。

ちなみに、本予算は事故の人身傷害保険で懐に入った分。過失0:100でも人身傷害が入るパターンがあるんだな。なかなかやるぜ、SBI損保。

0 件のコメント :

コメントを投稿