2010年8月30日

アテンザにルーフボックス

キャンプ、車中泊、スノーボードと、すっかりアウトドア化した我が家。と同時に、関連ギアが増殖、車に載り切らないほどの量になってしまいました。そこで、道中を少しでも快適にと、ラゲッジ容量拡大を検討します。

始めに思いつくのがルーフボックスの搭載。ラゲッジを食い潰していたテントやボードを室外に追い出せます。うまくいけば、スノボーに行きつつ車中泊、なんてこともできちゃいます。

しかし、アテンザスポーツ(GG3S)はクーペスタイルのハッチバック。リアハッチへの干渉が心配です。ネット上でも搭載しているという情報自体がなく、不安は残るものの、思い切って楽天でポチっとしてみました。

アテンザ ルーフボックス

ルーフボックスの装着自体は苦労しません。工具は一切不要なので、ルーフ上に持ち上げることができれば問題なしです。むしろ、苦労したのは、未だかつてないほど巨大なダンボールを家の中に入れることでした。

購入したINNO シャドウ14は全長1800mmとコンパクトながら、想像以上に大きく、ほんとに無事に搭載できるのか、内心はドキドキでした。

取り敢えず、ダメもとで載せてみます。

アテンザ ルーフボックス

アテンザ ルーフボックス

最も恐れていたリアハッチとの干渉はありません。けれど、ギリギリです。ボックス全長が1800mm以上になると無理でしょう。160cm程度までのボードが入る最低サイズということでシャドウ14を選択しましたが、結果的には正解でした。アテンザとベストマッチです。

ラジオアンテナの心配してましたが、アンテナと接触するところでルーフボックスの前後を位置合わせてます。アンテナを畳めばまだ後ろに下がれます。ラジオの受信性能は変化なしで、今のとこ、打音なども発生してません。

これで元々500Lという巨大なラゲッジに加えて、追加で400Lを確保しました。キャンプだろうが、スノボだろうが、何でも来いです。遠出したくなってしまいますね。

0 件のコメント :

コメントを投稿