2010年6月10日

神奈川 青根キャンプ場へ行ってみた

家族で行く2回目のキャンプです。イロイロとギアも集めたので、我慢できずに近場のキャンプ場で1泊してみました。

青根キャンプ場は道志みちの入り口にあり、102が走り回る裏山にあります。

「いやしの湯」という新しい温泉があり、それが道志みちを走っていると比較的目立ちます。正直、ずっと気になっている場所でした。

青根キャンプ場のサイト
なんといっても予約不要のフリーサイトが目玉。サイトが空いてさえいれば、自由なレイアウトでテントにタープを張れます。

反面、ゴールデンウィークや夏休みは難民キャンプ状態で駐車場までテントが張られるようなので全くオススメできません。

行ったのは6月初旬の土曜日。チェックイン開始の8時に行きましたが、ガラガラ。場所を選びたい放題なので、思い切りアメニティドームとメッシュエッグをセッティングしました。

それでも、11時過ぎくらいになると場所を探しまわる車が出るほど混んでしまいましたね。早めに行くことをおすすめします。川沿いが人気のようです。

サイトは芝がメインですが手入れは・・・。直火OKなので所々に焚き火跡があり、地面がくぼんだように感じるところも点々としてます。早めに行って眠りやすい平らな場所を探した方がいいでしょう。もちろん、電源などありません。

写真のデミオは代車(アテンザは事故で修理中)

青根キャンプ場の水回り
トイレはお世辞にもキレイとはいえませんが、水洗で障害者用の個室もあります。1ヶ所しかないので、テントが離れすぎると少々歩くことになります。

炊事場は広いですが、マナーが悪いのか手入れが悪いのか、ほとんどの排水口が詰まっていて、水を流すとシンクが水たまり状態になります。いわゆる高規格キャンプ場の感覚だと、ショックを受けるかも知れません。

キャンプ場横を流れている川はキレイな方だと思います。道志川の上流ほどではないようですが、夏は十分川遊びができるでしょう。水も冷たくて、6月でしたが気持ちよかったです。


青根キャンプ場の夜
付近に道志みちからの抜け道が通っている関係で、バイク音などはします。完全な静寂とはいかないでしょう。

若者の集団やオフ会も多いようで、それらとぶつかると最悪のようです。

この日は22時過ぎには比較的静かになったので、朝まで熟睡できました。ただ、6月だというのに早朝は夜露が降りるほど寒く、焚き火が欠かせませんでした。

ユニフレームのファイアグリルが大活躍でした。


青根キャンプ場の値段
一番の強みは価格です。家族3人でも1泊3150円、まさに格安。イロイロなマイナス面を吹き飛ばしてくれるほど安いです。

徒歩圏に「いやしの湯」という温泉もあり、600円/人で露天風呂からサウナ、休憩室まで使えます。休日であれば野菜の直売や果物狩りも体験できるようです。

いやしの湯は、その後親子の行きつけになるほど、きれいでのんびりできるいい施設です。

この値段でここまで揃っているキャンプ場はそう多くないでしょう。同じコンセプトをもつ道志の森や青野原よりは間違いなくおすすめです。

ただ、気を付けるべきはハイシーズンの混雑。この時期はおとなしく区画サイトのキャンプ場を予約した方が無難だと思いますよ。


ランドネ 2012年 06月号 [雑誌]

0 件のコメント :

コメントを投稿