2010年3月29日

CR-Z試乗

クルマに対する欲求は人より多いと思う。家族優先、自分優先、そういうクルマの買い方は嫌いだ。

だから、定員は4~5人、広大なラゲッジ、スポーティなエクステリアとシックなインテリア、走りが楽しくて、燃費がいいこと、これがクルマに求める最低条件。EGシビックと初期アテンザは比較的この条件に近かった。

そんな自分に久々にビビっときたクルマがCR-Z。日産車じゃないのが残念だが、ハイブリッド×スポーツという自分に馴染み深い2つのキーワードを融合させたこと、ショーカーから全くデザインを変えないコンセプトであること、そんなクルマ作りに興味があり、ずっと気になっていた。

CR-Z

そこで、発売1ヶ月経って試乗人気も落ち着いただろうと、数年振りのディーラー試乗へ。家族連れだったことが幸いしたのか、営業マンの同乗レスで自由に試乗することができた。6MT希望だったが、試乗できたのはCVT。

CR-Zのイイところ
・ 回頭性 : ショートホイールベースにリア置きのバッテリのせいか、FFには珍しいクイックさ。フル加速でも決して速くはないが、お陰で楽しさは感じる。
・ 3モード搭載 : SPORTとECOモードを併せ持つのはクラウン、フーガ、CR-Zのみ。カチャカチャやるとクルマの性格が変わって楽しい。
・ 周囲の注目度 : 独特のデザインとコンセプトのお陰か、街中を走るとかなりの視線。カプチーノ以上かも。
・ 乗り心地 : スポーツカーという割りには意外といい。良くも悪くも、普通のクルマに近い。

CR-Zの気になるところ
・ 後席の狭さ : 首と足を折り畳む必要あり。チャイルドシート積んでも子どもの相手ができない。これなら2シーターでもいいんじゃ。RX-7より狭いぞ。
・ こもり音 : ヨメ曰く「飛行機」。街乗りだと、ゴォーという耳につく低音がエンドレス。長距離運転は疲れてしまうかも。
・ 低速時振動 : モータとCVTとの協調が今一なのか、前後にグワングワンする。MT初心者の運転みたい。一番気になった点。
・ 燃費は・・・ : 試乗車は10km/L程度(営業マン談)。乱暴な扱いされる試乗車とはいえ、ハイブリッドとしてはどうなの?車両が300万円近いことを考えると、もっと伸びて欲しい。

っつうことで
期待してた「ハイブリッド×スポーツ」というクルマ作りは一筋縄ではいかないことを肌で感じた。

プリウスとは明らかに違うが、「CR-Zならでは」という魅力が伝わってこない。キッカケを作ってくれたことには拍手だが、まだこのジャンルは発展途上なんだろう。これなら4ドアのシビックタイプRの方が、時代錯誤ではあるが万能な気がする。

でも、CR-Zには売れてもらいたい。こういう市場がないと自動車業界はツマラない。排ガス撒き散らしのスポーツカーはもはや廃れるが、坊世代が憧れるような"次"のスポーツカーは夢を見るためにも必要だろ。フェラーリもポルシェもハイブリッドを出す時代だから。

EGシビックのハイブリッド、個人的に欲しくなるクルマはここかな。

0 件のコメント :

コメントを投稿