2010年3月14日

Canonプリンタ PIXUS MP640

知らぬ間にプリンタ複合機もずいぶんと高機能になったものです。ただ、スキャナがプリンタにアドオンされてコピーができるだけと思っていましたが、その浅はかな思いを覆されました。

PIXUS MP640のスゴいところ
・ プリンタ内臓の液晶でほとんどのことができます。コピーやダイレクトプリントはもちろん、プリンタの診断やネットワーク設定、その上、そのマニュアルまでもが液晶で見られます。

・ パソコンなしでもCD/DVDダイレクトプリントができます。スキャナでオリジナルのCD/DVDのラベルを読み、そのままブランクメディアにそのラベルをプリントできます。これは便利。

・ 無線LAN設定が超簡単。860iではLANディスクにUSB接続してネットワークプリンタとして機能させてましたが、ドライバが対応してない一部機能が使えない状態、しかも設定が面倒でした。MP640はAOSS対応で、インストール作業時に勝手にネットワーク設定までしてくれます。使える機能もUSB接続に対して制限ありません。

・ リビングに置いてもOKなすっきりデザイン。昔の複合機はゴツゴツしていていかにも「マシン」といった感じでしたが、MP640は余計なデッパリが何もなく、インテリアにマッチしてくれます。

PIXUS MP640の残念なところ
・ 自動電源ON・OFF機能がありません。7年前の860iにすらあったのに何故?スリープモードがあるのでずっと電源ONでも消費電力の心配はありませんが、電源付きっぱなしというのは何か不安です。

・ インク容量が少ない。無駄にLEDだったりICチップだったりを付けて値段を上げたインクの割に、容量が少ないのでコストパフォーマンスが心配です。無駄な機能は要らないから、インクはインクとして磨いて欲しかったですね。

何はともあれ・・・
こんな高機能なプリンタが20000円程度で手に入るのですから、いい時代ですね。結局、最安値ショップはやっぱりAmazonでした(18660円)。近所のケーズデンキでも20200円までしか下がらず。

ただ、正月は17000円台まで下がってたこともあったようです。プリンタ買うなら年賀状シーズンが終わった直後ですね。ちょっと悔しいです。。。

0 件のコメント :

コメントを投稿