2009年4月13日

ザ・コピーライティング

ザ・コピーライティングから学んだこと
・ デザインがいい広告、うまいキャッチコピーの広告=商品が売れる広告ではない。
・ 売れる広告は通販広告から学べる。
・ 広告は成果を常にテストしなければ意味をなさない。

ザ・コピーライティングの所感
ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則
その広告で売るべき商品のお客様ベネフィットは何なのか、そのポイントはどうしてなのか、どれだけの情報量で表示できるのか、そんな売れる広告の本質的な考え方を、具体的をメインに延々紹介してくれます。

短いコピーよりも長いコピーの方が売れる、うまい言い回しよりも具体例の方が売れる、など、102の持ってたイイ広告イメージからは意外なものもあり、なかなか興味深かったです。世の広告を見る視点が変わりそうな気さえします。

人に伝えるという意味ではWebサイトやパワーポイントなんかも一緒ですが、目的が違うと見せ方もこう変わるのかと、広告とは違う面での勉強にもなりました。

いつか自分でビジネスやるときには、本書を参考にして一大広告を作ってみたいですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿