Adsense PC

2014年4月21日

引っ越し1日目


今日は国内引っ越しの話。

引っ越しは、中国出向の内訳として、幸いなことに会社負担。日通が梱包から全てやってくれるプランでした。荷物が多かったこともあり、1日目は梱包、2日目は運び出し→新居へ移動、という流れ。


大物からどんどん梱包が進みます。


しかし、自分で梱包しない分、細かなものがどこに行ったか分からなくなることも。事実、ヨメさんのパソコンのマウスが未だに見つけられてません。


ヨメさん&息子Bは新居の竣工写真撮影に立ち会うために一時抜け、息子Aは幼稚園+サッカー練習、ということもあり、基本的にはすべてオレが引っ越し対応。1人で2LDKの部屋すべてをコントロールしなければいけないので、多少骨が折れました。オレの部屋に至っては、いつの間にかすべての荷物がトラックに運び込まれ、気付いたらすっからかん。


午後には布団とテレビだけを残して、家中のモノがトラックに運び込まれました。この日の夜は、すっからかんになったマンションで世話になった家に最後のお別れをいいつつ、4人、川の字で眠りました。


2014年4月14日

カプチーノの引っ越しと照明点灯式

これはもう一ヶ月前の出来事・・・新居への引っ越しの話。

実は、引っ越しは2日間にかけて行われました。まずは引っ越し初日、カプチだけ、先発隊として引っ越しです。この昼間、前のマンションではひたすら荷造りが行われ、その合間を縫って、ヨメさんは竣工写真の立ち会いに行きました。

一連の荷造りと写真撮影が終わった夕方、息子Aと二人で、カプチを初めて駐車場に入れます。

が!ここでなんと、入り口のスロープに固めた車体とサスペンションがストロークせずに斜面に追随できず、バックではどうやっても登れない。片側の車輪が空転するのみ、いきなりスロープにタイヤのゴム跡をつけてしまいました。


そんなトラブルに遭遇してると、あたりは次第に暗くなり始め、これも初めて。夜間の照明点灯式。

照明本を研究したおかげもあって、格安のモーガルソケットの電球が映える映える。特にウッドデッキ照明は最高に気持ちいいかも。

こんな家に翌日から暮らせるのかと思うとウキウキしすぎて時間経つのを忘れ、息子Aに「早く帰ろうよー」と急かされました。カプチと1日の別れを告げ、電車で最後のマンションへの帰路に。

明日はいよいよ本引っ越し。








2014年4月7日

航空便でギター発送完了

全くリアルタイムでないですね。広州はネット環境が悪く、しかもいろんな日本のサイトが政府に規制されてるから、ブログ更新も一苦労です。それでも、徐々に生活が落ち着いてきたので、出国前の出来事から、徐々に更新していこうと思います。

赴任・出国前に一週間休みをもらいました。会社の出社最終日に家族全員がインフルエンザに倒れてたなんてオチはさておき、その赴任前休暇中、最初のイベントが航空便の発送です。

ほとんどの荷物は船便で送ってしまったのと、すぐ使う服や靴は飛行機の携行手荷物で行くつもりだったので、ダンボール一箱以外は、大物のギターの発送です。Flagment Blueとタカミネのアコギの2本。

日通の担当様には「とにかく高いギターだから!」と、以前から口酸っぱく伝えていたので、船便でも国内便でも、もちろん今回の航空便でも、作業者にはしっかりと伝わってました。

ギター一本にものすごい量の緩衝材を使ってもらい、ギターの体積に対してダンボールが馬鹿でかい。おかげで航空便で送れる容量をほぼ使いきってしまったけど、これなら無事に届くかな?


2014年3月18日

ヤマダよりコジマより我が家はケーズデンキ派

無事に引っ越しは終わっています。日々の手続きにバタバタ追われていて、全然パソコンの前に座れてないのも事実。新居についてはまたゆっくり書きたいと思います。

と、今回は電気屋さんについて書きたくなりました。

昨日、書類の受け渡しなどを行うために久保田夫妻が訪問されました。そんな中、ちょうどケーズデンキオンラインのエアコン工事の見積もりをお願いしていた電気工事業者がやってきました。

ここでふと電気屋ばなし。久保田棟梁もケーズデンキ派らしい。うちも最近はずっとケーズ。掃除機も洗濯機も今回のエアコンも。コジマにはエアコン工事やり直しの苦い思い出があるし、ヤマダは店舗の雰囲気嫌いだし。そんなこんなで、やっぱり棟梁とは気が合うなと。

と、見積もりが問題なかったのでお目当てのエアコンを注文しようとしました。ところが、在庫切れらしく、型番で検索してもネットショップに出てこない。それどころか、増税前もあるのか、めぼしいエアコンがことごとく売り切れっぽい。

「タイミング逃したかー」と半ば諦め、担当にメーカー再販か近隣店舗に在庫ないか確認してくれ、とメールをしてこの夜は寝ました。

翌日、ケーズから電話が。「メールを見ました」と。確かにメーカー生産終了したため、ネットショップ上からは掲載を消したようです。ただし、こう続きます。

「注文できる準備ができた時点で連絡がほしい。そうしたら一瞬だけ、ネットショップにお目当てのエアコン掲載を再開する。俺が注文したらすぐに掲載を消す。在庫は絶対に確保する。安心してくれ」、と。

なんとまあ、ここまでしてくれるネット通販は初めてです。普通、「申し訳ないですが在庫切れ」で終わるところなんですが、半ば諦めてたので願ったり叶ったり。即注文しました。

ちょうど昨年度の型落ち商品だったので、相場よりも10万円以上も安く、増税前を逃すとさらに1万円UP。このタイミングで変えたのは本当にラッキーでした。

うちは今後もケーズ派でいきます。

2014年3月3日

船便第一便 発送完了


いよいよ、船便発送の日です。前日までバタバタ準備に追われ、終わった今でも忘れ物があるんじゃないかと不安の日々ですが、兎にも角にも、もう香港の港に向けて出発準備されてしまったので後悔はできません。

全量は40箱、215CFT。会社制限に対しては半分以下。かなり家族分も先行して送ってるので、家族の出国の時は結構余裕が残るはず。自転車とかも送れるかな。


しかし、なんと日通の作業員、プロはおっちゃん一人だけしか来ないという自体。あとは荷物運びのアルバイトが一人。なので梱包や荷物のチェックはすべておっちゃん一人で。いくら忙しい時期とはいえ、数週間も前から予約してたし平日なんだから、もうちょっと融通聞いても良かったのに。なんだかんだ、9~18時までいっぱいいっぱいかかりましたよ。

上図は除湿庫にパソコン梱包中。


一例。親から譲り受けた炊飯器、スキャナ、オーディオIF、プラレールなど、送れるものは何でも送ります。


で、案の定、食料は制限に引っかかってしまった。M箱1個分くらいしか送れないみたい。今年からの規制強化、ホントに最悪だわ。

それでも、パスタ15kg、そば・うどん・そうめんで50kgくらいは送れたと思う。めっちゃ頭使ってダンボールの隙間埋めたよ。


トラック荷詰め途中、家の中から出てしまうと思ったより荷物少ない。部屋にあるとあんなに圧迫感あったのに。おっちゃんの荷造りが巧いのだろうか。


さ、部屋がスッキリしたんで、次は国内荷物でこの部屋埋めるぜ。